スマートフォン解析

Czarevich Egg(1912年制作)


各エッグの個別データです。


47.Czarevich Egg(1912年制作)

通称:アレクセイ皇太子エッグ
制作:1912年
製作地:サンクトペテルブルク
主な材料:瑠璃、金、プラチナおよびダイヤモンド
サイズ:高さ4"(12、5x8、9cm; 構造9と5cm)
所持者:リッチモンドのヴァージニア博物館

概要:ニコライ2世によって皇后アレクサンドラに贈られたエッグ。
ルイ15世時代のロココ様式を用いたエッグ。
中には、アレクセイ皇太子の肖像画が入っており、その肖像画のミニチュアには、
王冠と双頭の鷲をダイヤであしらった物が飾りとして付いています。
アレクセイ皇太子は血友病を煩っており、アレクセイ皇太子エッグは、
皇后アレクサンドラに一番大事にされたエッグです。




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

海月くらげコワレ処管理人

投稿者プロフィール

コワレ処管理人。群馬県在住の社会人。工藤フリークな平次と、萩松好き。コナンサイトは2000年1月2月より運営。コナン、タイバニ、ガンプラ、文具好き。ワタル・トルーパー世代。ほしいものリスト

  • Print Friendly, PDF & Email

ページ上部へ戻る