スマートフォン解析

Winter Egg(1913年制作)


各エッグの個別データです。


50.Winter Egg(1913年制作)

通称:ウインターエッグ
制作:1913年
製作地:サンクトペテルブルク
主な材料:水晶と白いトパーズ、1,308個のバラダイヤモンド(360 brilliants)
サイズ:5"の5/8(14.2cm)
所持者:個人が米ニューヨークのクリスティーズ社の競売にて、
02/04/19に、約870万ドル(約11億3,000万円)で落札

概要:ニコライ2世によって母マリアに贈られたエッグ。
水晶で出来たエッグに、ダイヤやプラチナで装飾されたエッグ。
中には、プラチナ製ハンドルが付いた格子細工かごに、アネモネの花束が入っています。




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

海月くらげコワレ処管理人

投稿者プロフィール

コワレ処管理人。群馬県在住の社会人。工藤フリークな平次と、萩松好き。コナンサイトは2000年1月2月より運営。コナン、タイバニ、ガンプラ、文具好き。ワタル・トルーパー世代。ほしいものリスト

  • Print Friendly, PDF & Email

ページ上部へ戻る