スマートフォン解析

ボイスレコチェンジャー


記事タイトルとアドレスをコピーする
  

部類:アイテム名

自分の声を録音し、子供から大人までの声に変化させる事の出来る玩具。
録音した音を、スローで再生することも可能。
原作中では、阿笠博士の発明品として登場。
博士は、この商品の開発の謝礼として、車を買い換えることも可能な程の金額を
契約金として受け取っていた模様。 普通にボールペンとして使うことも可能。
少年探偵団の面々も、博士から貰っている。

このボイスレコチェンジャーは、実際にバンダイから、
原作と同形の物が、玩具として売られた時期がある。

アニメでは、アニメ化するタイミングを逃したのか(^^;)
仮面ヤイバーのカード形式になっている。
(こちらは、名前が「ヤイバーレコチェンジャー」と変更されている)

登場話数

  • 原作:
    12巻FILE.1「博士の宝物」~FILE.3「宝の正体」
  • アニメ:
    無し(アニメでは、形が違う「ヤイバーレコチェンジャー」に変更されている)
  • ゲーム:
    特になし

名前の由来

特になし




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
記事タイトルとアドレスをコピーする
  

海月くらげコワレ処管理人

投稿者プロフィール

コワレ処管理人。群馬県在住の社会人。工藤フリークな平次と、萩松好き。コナンサイトは2000年1月2月より運営。コナン、タイバニ、ガンプラ、文具好き。ワタル・トルーパー世代。ほしいものリスト

  • Print Friendly, PDF & Email

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。